« より早く多くの方が新しいスタートを切れますように | トップページ | 少しでも快適に過ごしましょう! »

想いを込めて…

今回の震災により開催が危惧された仙台七夕まつりですが、
予定通り8月6日~8日の3日間開催されます。
今日の七夕祭りは、昭和2年に不景気を吹き飛ばそうと、
商店街の有志の方たちがかつて旧藩行事で飾られたような
華やかな七夕飾りを復活させたことが始まりのようです。
戦時中はこの祭りも途切れてしまいましたが、
戦後間もない昭和22年に焼け野原となった商店街に再び七夕飾りが戻りました。

この様な歴史を持つ仙台七夕まつり、
それだけに宮城県の方々の今年の思い入れは特に強いものだと思います。

今年の七夕まつりは「復興と鎮魂」がテーマになっていますが、
本来お祭りには神様を敬い、感謝し、願いを伝える交信の儀としての側面と、
魂を安らかな場所へ送る鎮魂の儀との両面がありますが、
同時に、残された人の心を慰める儀としての意味合いも強いと思います。

毎年開催されることが当たり前だと思っていた仙台七夕、
今年はぜひ浴衣を着て、
復興と鎮魂を祈るために大切な人と参加してみてはいかがでしょうか。

また、現在宮城県の女性が子どもたちに浴衣を着てお祭りに行く、
という思い出を作ってあげたいと、
子ども用の浴衣の提供を呼び掛けています。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110518mog00m040010000c.html
もしご家庭にお子様が大きくなって着られなくなった浴衣がございましたら、
ぜひご協力をお願いいたします

« より早く多くの方が新しいスタートを切れますように | トップページ | 少しでも快適に過ごしましょう! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

介護」カテゴリの記事