« 2011年6月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年へ贈る言葉

本日はバイタルケアの仕事納めです。
とは言え365日営業中の訪問介護は年末年始も大忙しです。
当社の訪問介護に限らず、
年末年始もお仕事して下さる方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、この2011年を振り返ると、
あの大震災を始め、
日本に限らず世界中で災害が多発した年であったと感じます。
多くの尊い命が消えたこと、
多くのそれを悲しむ方々がいること、
多くの辛い生活を強いられている人がいることを思い出すたび、
寂しく、悲しい気持ちで心が沈みます。

ニュースで見る悲惨な出来事が実際に自分の身に起こると一体どうなるのか。
これまで一瞬しか考えられなかったことが、
あれからずっと自分の後を静かに追って来ている気がします。

ですが同時に、多くの事に感謝した年でもありました。
多くの方々に助けられ、助け合い、
励まされ、励まし合う。
これこそが人の美しさだと思います。

 
今年は辛い1年でしたが、
忘れることなく、終わったことにせず、
いつか災害すら咀嚼して自分達のエネルギーにしていかなければ、
と思います。

今年は並々ならぬご配慮を皆様に頂き、
誠にありがとうございました。
来年が皆様にとって幸福なものでありますように。
良いお年をお過ごしください。

寒い日が続いております

夏と同様に電力不足が心配される今冬、
節電節電とは言え、自分も含めた冷え症には厳しい季節です。
近年再注目されている湯たんぽは、今年も必需品になりそうです。

自宅では綿入れを着たり今年は家でも薄手のダウンジャケットを、
なんて宣伝もされているように、たくさん着こんでこたつに残ったぬくもりで
暖を取ることもできますが、
お勤め中の場合はそうはいきません。
上半身は温かくとも、
手の指先やひざ下はひんやりと冷たく、
つらい方も多いですよね。

ひざかけは裏がボア地になっているものや、
巻きスカートにもなるダウン素材の物などを使用するとより暖かくなると思います。
また、発熱素材の手首カバーやレッグウォーマーを
服の下からそっと着けるのもおススメです。

腹巻きもお尻まですっぽり入る長めのタイプを選ぶと温かいです。
下がパンツタイプになっているものや、
お好きな長さで切り売りしてくれるお店もあるので、
是非ぴったりなものを探してみて下さい

 
それでも足の指が氷のように冷たかった昨年…
そこで今年気になっていたのが、
最近雑貨屋さんや通販の防寒コーナーで見かける、
両足を入れるポケットがついた「足用クッション」です。
見た目は大きなスリッパの様です。

でもこれだけでは心もとない…と思っていたのですが、
ある日薬局で見つけたのが手のひらサイズの極小湯たんぽ
これをやけどしないよう厚手のカバーでくるみ、
先ほどの足用クッションに入れたらエコに暖を取れるのでは…。

 

と考え、早速実践してみました。
穴が1つのクッションとミニ湯たんぽを用意して足を入れてみると…
 
確かに温かい!
足指がじんわりと温まっていきます。
まるで小さなこたつのようです。
湯たんぽにお湯が少ししか入らないので長持ちはしませんが、
それでも朝の通勤で冷たくなった指先を温めるには十分です。
常に足を入れているわけにもいかないので、
どうしても冷えに耐えられない時だけ使うようにしています

これはおススメですが、
この方法低温やけどには要注意ですね!

« 2011年6月 | トップページ | 2012年1月 »