« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

◆「介護保険」を学び合い。。。◆

私たちの介護の仕事は、「介護保険制度」のもとに成り立っていると言っても過言でもありません

ですから、「介護保険」を知らずしてこの研修を終える訳にはいかないのであります

これまでにも、ケアマネジャーさんや保険給付担当者による「介護保険基礎研修」を幾度となく受けてきました

しかしながら、分かるようでなかなかよく分からないのがこの「介護保険

これまで学んできたことをもとに、今日は自分たちで、「介護保険」をどこまで説明出来るかやってみようということにいたしました

・・・とは言うものの、いきなり『説明セイ』と言われましても~。。。ですよねぇ

んでもって、その前に、まずは、介護保険によく出てくる『用語』をみんなで分けしてカードにしました

「利用者さん夫婦」は勿論、我がイラスト女王Aさんがス~ラスラ描いてくれて、じきに出来上がり

そして、このカードを使っての1発目

今回は、『介護サービスを利用するまでの流れ』について各自が説明を行いました。
利用者の家族の立場から説明したり、40歳以上の人を対象にした説明会を行っている設定で話したりと、それぞれが工夫しながら取り組みました

まだまだ次回に続く。。。
Cimg0581

★本日のメインイベントは、調理実習!!★

今日は、「統括室」がキッチンに「研修室」がレストランに早変わり

本日のテーマは、『一人一品責任を持って完成させようです。

研修生それぞれが自分で一つメニューを決めて材料を揃え、中心となって料理を完成させるということにチャレンジしました

自分が今までに作ったことのある自信作や、作ってみたいと思っていたもの、紹介したい我が家の味などを、3人それぞれが腕をふるって作ってくれました

4月から数えて今日で5回目の調理実習ですが、実は、どの子も料理を自分で作った経験は一度もないところからの出発でした。

包丁の持ち方に始まり、食材の切り方を練習しながら、味付けの順序、調理手順などを徐々に覚えてきました。
そして、前回4回目の調理実習では、「私、これなら作れる!」と、一人がリーダーになって『肉じゃが』を研修生だけで完成することができたのです

そこで、今回はステップアップして、『一人一品』を目標に取り組んだのであります
各自レシピを作り、どの子も家で練習をして今日の実習に臨んでいました
勿論どの料理もとびっきり美味しかったのは、言うまでもありません

試食に来てくれたゲストさんからも100点満点のお墨付きをいただきました

写真のメニューを紹介します

ブリ大根【Yさん作】一度作ってみたかったとのこと。大根を米のとぎ汁で下ゆでし、ブリは塩と酒で下ごしらえをしており、本格的に取り組みました。とても4月から始めたばかりとは思えない出来栄えでした。

小松菜とがんも煮【Sさん作】Sさんお気に入りのメニューです。小松菜は茎にかくし包丁を入れてさっと下ゆでし、がんもも油抜きをして味沁みよく作り、盛り付けも可愛く工夫していました。

混ぜご飯【Kさん作】えのきの瓶詰を使って、野菜やきのこと一緒に炒めた具をご飯に混ぜるというKさん家オリジナルメニューを披露してくれました。皆さんからは大好評でしたが、家で作った時とは分量の違いもあり、本人は「本物の味とはちょっと違う」と、今一つ納得がいかないところがあったようです。「もう一回作りたい」と。。

他にも、「もやしのナムル」、「豆腐ともやしの味噌汁」、「杏仁豆腐」を一緒に作りました。お腹一杯、大満足の一日でした

Cimg0578_4   Cimg0579_4 Cimg0580_4      

『水分補給』は大切です!

5月も後わずか、初夏の日差しがまぶしい日も多くなってきました

研修生たちも水筒やペットボトルを持参して、こまめに水分補給をしながらの研修を行っています

さてこの、『水分補給』。お年寄りには特に積極的にすすめておりますが、さてそれは、どうしてでしょうかと言うことについて、今日は学んだわけであります

体内から排出される水分はいろいろありますが、汗や尿などはすぐに見当がつくものの、呼吸や皮膚からの蒸発によっても出ていくことには、「へえ~っ、なるほど。」との反応

もっと反応があったのは、『体内の組織細胞内にも水分は蓄えられているが、加齢により、細胞内に蓄える力が衰えて尿となってどんどん体外へ排出されてしまう』と説明すると、

『わぁ~、いやだ絶対しわくちゃにはなりたくな~い』ときましたそこですか。。。


今回のこの説明、ホワイトボードに人の身体を形どり、摂取される水分と排出される水分とをわかりやすくイラストにしてみんなに伝えてくれたのは、研修生イチのイラスト名人Aさんでした

Cimg0575

環境整備も大切!

研修生が学ぶ「統括室」及び「研修室」は、さふらんフィット名取の中にあります。

初夏の陽気が続くこの頃、庭のピンクのつつじの花が綺麗に咲きそろってきました。  

。。。ガ、お花が育てば、草も育つ。。。

そこで、今日はみんなで敷地内の草取りを行いました

意外とみんな、『草取りなんてもう長いことやったこと無いよ~』とのこと
草の茂みから出てくるだんご虫に、ワーワーキャーキャーと、とても楽しく作業が出来ました

そのうちに、ちいさなカタツムリがいっぱい軒下にくっ付いているのをみつけました。
このコたちははさすがに可愛かったようで、そおっとに見守っておりました。

そして、そして、取った雑草はなんと名取市大ゴミ袋7~8個

日焼けを気にしながらも、よくよく頑張ったこと
いい仕事したなあ~ 




Cimg0571

先輩からの職場体験談


今日は、入社して3年目になるS先輩が、自分のこれまでを振り返って、研修生たちにいろいろな体験談を話してくれました

S先輩は、最初に配属されたユニットで、人間関係に悩んだということ、同期の仲間や先輩たちとうまくいかなかったこと、わからないことを尋ねることも難しかったことなど、つらい思い出でしょうが、『みんなにはそうなってほしくはないから』と、率直に語ってくれました。

それを聞いていた研修生からも、『そんなにキツク言わなくてもいいのに。。。』と、ユニット研修で先輩に言われたことで凹むことがあったという話も出てきました。

自分たちにとってすぐ上の先輩というのは、一番身近で、今かかえている思いも通じやすいものがあると思います。

これ迄も何人かの先輩たちがこうして、この仕事に入るきっかけやら仕事をしてきた中で楽しかったこと、つらかったこと、そしてやりがいなどを膝を交えて語ってくれています。
それを真剣に聞く研修生たちからもいろんな質問が飛び交っています。

また時にはなども共にして、リラックスした雰囲気の中で交流を深めています

今日のS先輩のお話の中から、ひとつ。。。

      『自分のことをそんなに人と比べなくていいから。。。
                   ゆっくりと着実にやっていきましょう




Cimg0569_7

 


☆はじめまして☆

はじめまして「新人研修」担当のFです。

どうぞ、よろしくお願い致します


(株)バイタルケアでは、毎年新卒の新人たちが入社してきています。

この春、入社した新人は、女子3名(大卒者2名、高卒者1名)です。

わが社では、入社当初から数か月間の「新人研修」を実施し、その後介護現場での実務

研修を経て、晴れて「一人立ち」していくことになります。


今年の新人たちも、ただ今、まさに「新人研修」奮闘中であります

ここでは、その「一人立ち」に向けて頑張る、初々しき新人たちの日々の研修の様子を

随時お知らせしていきたいと思いますCimg0564_2

 
まずは【4月】の様子から

 この1か月は秋田事業所からの高卒男子の
研修生も一緒に計4名での研修でしたが、毎日
が緊張の連続でした(@Д@;  
 初めて出会う同期の研修生たちと打ち解け合う
までにしばらくかかり、ようやく皆の笑顔が見られ
Cimg0565_3
ようになったのは、4月も半ばを過ぎた頃でした 
 でも後半になると、和気合い合いの雰囲気がみら
れるようになり、協力体制もできてきました
 右の写真は、初めての共同自主製作の
「Welcomeボード」です

〈おもな研修内容〉
・学生と社会人の違い
・ビジネスマナー
・介護保険基礎研修                                                          

風疹が流行しております

現在風疹の報告数が増加しており、
厚生労働省及び各地方自治体で注意喚起がされております。

風疹は特に妊娠中の女性が感染すると、
おなかの中の赤ちゃんに重篤な障害を起こす可能性が非常に高くなります。

詳しくは以下の厚生労働省のページに記載されておりますので、
是非目を通してください。
啓蒙ポスター等もダウンロードできます。http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/
(厚生労働省ホームページ)

また、下記は漫画家の石川雅之先生が描かれた、
風疹注意呼びかけの漫画です。
この画像に限り転載、及び印刷を許可されておりますので、
こちらで紹介させて頂きます。

Fuushin_6

ブログの仕様上画像が縮小されてしまうので、
文字が見えない場合はこちらから大きいサイズで見ることができます。

今後も流行は続く見通しのようです。
是非ご家族や職場の中で、注意していきましょう。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »